長崎大学 水産学部
JP/ EN/ CN/ KR

海洋環境科学コース

海洋生物資源の生活の場としての海洋環境の特性と、海洋環境と生物の生活との関わり合いについて、海洋の物理学、化学、生物学および地学的な観点から、多面的・学際的に学びます。

さらに、沿岸域を代表とした、海洋における生物生産の仕組み(基礎生産から高次の生物まで)を理解するための基礎を学びます。

このことにより、海洋環境の特性を理解し、自然環境、並びに生物生産の場としての海洋・沿岸の環境保全(評価・予測・改善)について、国際的視野を持って深く考察できる能力を養います。

様々な視点から海を見つめ、海を理解し、豊かな海を未来へつなげよう!

海の中には目に見えないほど小さい微生物からクジラなど大型生物まで、多様な生物がいます。海底にも貝やエビなどの底生生物(ベントス)がいますし、海藻やサンゴが繁茂する場所もあります。

構造物や他の生物に付着する生き物や、赤潮プランクトンなどの有害生物もいます。これらの多種多様な海洋生物の分布・増減・生活リズムなどは、周りの環境に強く影響を受けています。

具体的には、海流・水温・潮汐といった物理環境、栄養物質濃度やpHなどの化学環境、さらには水中の光条件、大気降下物や河川水などの流入、海底堆積物の底質の違いなどです。

また、海洋環境は、マイクロプラスチック汚染や海洋再生可能エネルギー開発などの人間活動によっても変化します。これらの環境要因は、食物連鎖の底辺を支えている動植物プランクトン、有機物の分解を担うバクテリアなどの増減や組成と相互に関連しあうことで、海洋生態系が維持されたり変化したりします。

さらに、海洋植物プランクトンによる光合成は大気からの二酸化炭素吸収能評価の鍵を握ることも知られ、海面と大気との熱の移動や炭素循環など、地球規模の問題について考える上でも海は極めて重要な場です。

海洋環境科学コースでは、幅広い専門分野からなる講義に加え、臨海実習や乗船実習では実際の海の姿を知るために、物理環境の計測、海水の化学分析、生物試料の採取と分析などを行います。大切な海の環境を理解し、一緒に海の未来を考えましょう。

主な授業科目

海洋学概論 海洋物理学 流体力学 地質学
生物海洋学 生物環境学 水質環境学 海底環境学
浮遊生物学 海洋ベントス生態学 地球化学 海洋環境科学実験
氏名 職位 研究ワード
鈴木 利一 教授

 

武田 重信 教授

物質循環、栄養塩、赤潮生物、鉄、微量金属、海洋植物プランクトン、Coatal Ocean、Open ocean、Nutrinets、Carbon cycle、Trace metals、Iron、Phytoplankton

和田  実 教授

水圏生態系、貧酸素化、水圏微生物、微生物生態学、aquatic microbial ecology

SATUITO CYRIL GLENN 教授 フジツボ、微生物被膜、貝類の増養殖、生物付着、付着生物の付着機構 
滝川哲太郎 准教授

海洋観測、対馬暖流、海洋物理学

近藤 能子 准教授

 

金  禧珍 准教授

海洋付着生物幼生、海洋付着生物、動物プランクトン

竹内 清治 准教授

干潟、メタ個体群、赤マテ貝、アサリ、ベントス、個体群動態