HOME
お問い合わせ アクセスガイド サイトマップ
海の科学の世界へ
学部概要
学部教育
大学院教育
入試情報
学部説明会
附属・関連施設
リンク集
 
 
大学院教育 GRADUATE SCHOOL
ホーム大学院教育>水産・環境科学総合研究科・博士前期課程・水産学専攻
水産・環境科学総合研究科・博士前期課程・水産学専攻

● 定 員:35名
● アドミッションポリシー:
1.教育理念・目標
21世紀は食料と環境の世紀といわれるように,国際的に自然・環境保全と生産・開発との調和が求められ,社会も企業も行政も食料生産と環境の持続性を基本に据えています。このような社会的要請に応えるため,水産・環境科学総合研究科は,「水産科学,環境科学および両者を融合させた学際的・総合的分野の教育研究を推進することにより,環境や食料等の問題解決に貢献する実践的指導力を持つ高度専門職業人ならびに国際性の高い研究者等の人材を養成し,環境と調和した人類の生存を実現するための新たな学際科学の創出と発展に資する」ことを基本理念として掲げています。 本研究科博士前期課程水産学専攻は,海洋環境および海洋生態系の保全,海洋における多様な生命現象の探求,海洋生物の持続的生産および管理ならびに海洋生物資源の有効利用に関する分野についての高度の専門的知識および応用力を備え,関連する幅広い分野の基礎的素養および社会性を身につけた人材の養成を目指します。

2.求める学生像
 海洋環境および海洋生物資源に関連する学問分野を学ぶための十分な基礎学力を備え,主体的な学習・研究意欲を持つ人材を広く国内外に求めています。

3.入学者選抜の基本方針
本専攻では,多様な人材の受け入れを行うため,一般入試,推薦入試,外国人留学生入試の3種類の入試を行っています。出願に際しては,必ず指導予定教員に前もって連絡し,受験や研究内容について十分討議をしておいてください。

4.選抜方法
【一般入試】
数学,物理学,化学,生物学等の自然科学,英語および志望分野に関する学士レベルの基礎学力を有しており,高い学習・研究意欲を持つ人を選抜します。そのため,基礎科目・専門科目の筆記試験と面接試験を課し,それらの結果および大学時の成績等を総合して評価します。
【推薦入試】
学業成績が特に優秀な人で,志望分野に関する研究に対する明確な目的意識と遂行能力を持つ人を選抜します。そのため,面接試験を課し,その結果および自己推薦書と大学時の成績等を総合して評価します。
【外国人留学生入試】
志望分野での勉学・研究を行うために十分な日本語あるいは英語能力を持った外国人で,本研究科で修得した知識や技術を将来役立てようとする意思が強い人を選抜します。そのため,小論文と面接試験を課し,それらの結果および出身大学の成績等を総合して評価します。


水産・環境科学総合研究科博士前期課程・水産学専攻学生募集要項
水産・環境科学総合研究科博士前期課程・水産学専攻履修案内


 
▲ページの先頭へ

国立大学法人長崎大学