HOME
お問い合わせ アクセスガイド サイトマップ
海の科学の世界へ
学部概要
学部教育
大学院教育
入試情報
学部説明会
附属・関連施設
リンク集
 
 
学部教育 EDUCATION
ホーム学部教育>教育職員紹介
教育職員紹介


 
海洋生産システム学講座
海洋資源動態科学講座
海洋生物機能科学講座
海洋物質科学講座
環東シナ海海洋環境資源研究センター
練習船長崎丸
練習船鶴洋丸
名誉教授

所属講座名
氏 名
   職、学位(学位取得大学)、専門分野、研究テーマ

海洋生産システム学講座
武田 重信
教 授、博士(農学)(東京大学)、水産海洋学: 海洋の一次生産に影響を及ぼす物理的、化学的、生物的要因の相互作用、特に鉄など微量金属による植物プランクトン増殖の制御機構の解明;沿岸域における栄養塩循環と人間活動の関わり。
亀田 和彦
教 授、水産学博士(鹿児島大学)、水産経済学: 水産物の流通と価格形成の構造;水産資源利用に関する社会経済学;メキシコの漁業政策に関する国際関係論。
松下 吉樹
教 授、博士(水産学)(東京水産大学)、漁具漁法学: 環境保全型収穫技術、資源調査技術,漁具の選択特性,漁獲性能。
高山 久明
特任教授、博士(水産)(北海道大学)、漁船運用学・海事史: 小型漁船の船型と基本性能(抵抗・復元性);人力推進具(櫂・櫓・オール)の力学的研究;漁船海難事故防止;有明海漁場の水質変動。
藤田 伸二
特任教授、水産学博士(北海道大学)、水産工学・時系列解析: 海洋環境変動の予測;海洋における水産施設の運動;海洋生物の変動予測。
山本 尚俊
准教授、博士(学術)(長崎大学)、水産経済学: 水産物フードシステムの構造変動とメカニズム;水産物流通業者の企業行動分析、マグロの養殖経営と流通・取引。
清水 健一
准教授、博士(水産学)(長崎大学)、海洋計測器学: 航海計器の適切な運用に関する研究、船内労働衛生環境に関する研究。 
滝川 哲太郎
准教授、博士(理学)(九州大学)、海洋物理学: 対馬暖流、東アジア縁辺海(対馬海峡、日本海、東シナ海)、海洋観測。 
近藤 能子
助教、博士(農学)(東京大学)、海洋科学: 海洋における微量金属元素の循環に関する研究。 
▲TOP

海洋資源動態科学講座
玉置 昭夫
教 授、理学博士(九州大学)、海洋生態学・底生動物学: 有明海の砂質干潟における底生動物群集の動態;食物網の構造と一次消費者層における種間関係;群集における鍵の役割を果たす基質攪拌種の個体群動態;無脊椎動物幼生の分散と回帰の機構;底生動物と植物の相互作用。
鈴木 利一
教 授、博士(農学)(東北大学)、浮游生物学: 海洋性繊毛虫プランクトンの生態学的研究、特に、無殻繊毛虫の時空間分布特性の解明; 海洋微生物食物網の構造に関する研究、特に、浮游バクテリアおよび原生生物プランクトンを通過する物質やエネルギー量の解明。
天野 雅男
教 授、博士(理学)(京都大学)、海棲哺乳類学・鯨類学: 鯨類の社会構造、行動、生活史、生態、個体群構造、分類に関する研究。
阪倉 良孝
教 授、農学博士(東京大学)、水産増殖学・魚類行動学: 海産魚類の行動発達、放流種苗の種苗性判定。
山口 敦子
教 授、農学博士(東京大学)、魚類学・水産資源学: 軟骨魚類および硬骨魚類の分布・生活史・資源に関する研究。
和田 実
教 授、博士(農学)(東京大学)、海洋微生物学: 貧酸素水塊の形成に関わる微生物過程の解明;底質環境保全技術の開発と微生物生態系に対する影響評価;サンゴの病原細菌のモニタリング。
中田 英昭
特任教授、農学博士(東京大学)、水産海洋学・沿岸海洋学: 黒潮などの海流による魚卵や仔稚魚の輸送過程に関する研究;海洋前線(フロント)や渦の海洋構造とその生物生産への影響に関する研究;沿岸水と外洋との間の海水交換や物質輸送に関する研究。
竹垣 毅
准教授、博士(農学)(九州大学)、進化・行動生態学: 魚類を主とする水棲生物の行動・繁殖生態、生活史戦略に関する研究。
梅澤 有
准教授、博士(理学)(東京大学)、生物地球化学・物質循環: 海域生態系を支える生元素の陸域・海陸間・海域での循環に関する研究。
柳下 直己
准教授、博士(農学)(京都大学)、魚類分類・系統・進化・生態: 魚類の分類学・系統と進化・分子生態学的研究。
河端 雄毅
准教授、博士(情報学)(京都大学)、魚類行動学・魚類生態学: 魚類の行動・分布・生残に及ぼす内的・外的要因の解明; 捕食−被食関係の解明に向けた運動メカニクスに関する研究; 新たな行動計測技術の開発。
竹内 清治
助 教、博士(水産学)(長崎大学)、海産底生無脊椎動物学: 個体群・群集の動態把握に関する研究。
▲TOP

海洋生物機能科学講座
萩原 篤志
教 授、農学博士(東京大学)、水産増殖学・応用プランクトン学: 餌料プランクトンの大量培養と保存;海産ワムシ類の休眠、両性生殖誘導、性行動、および種分化の機構;環境制御による海産動物の初期幼生飼育。
小田 達也
教 授、農学博士(九州大学)、生化学・細胞生化学; 赤潮プランクトンの毒性発現機構に関する研究;海洋生物由来の生理活性物質の検索および各種培養細胞に対する作用機構;海洋生物、植物・微生物由来の毒蛋白質の細胞レベルにおける作用機構。
金井 欣也
教 授、農学博士(東京大学)、魚病学: ヒラメエドワジエラ症の防除に関する研究;魚病細菌 Edwardsiella tarda および Streptococcus iniae の抗原解析;ヒラメの生体防御機構。
長富 潔
教 授、薬学博士(長崎大学)、分子生物学・生物化学: 魚類スーパーオキシドジスムスターゼの構造・機能および病態生化学;魚類筋原繊維由来セリンプロテアーゼの構造・機能。
石橋 郁人
教 授、農学博士(九州大学)、有機化学: 生理活性海洋天然物の単離、同定、合成。
桑野 和可
教 授、博士(水産)(東京水産大学)、藻類学・応用藻類学: 藻類の凍結保存による種の保存法を確立することにより生態系の保存、有用藻類の増養殖法の効率化を図る。
サトイト・シリル・グレン
教 授、学術博士(長崎大学)、付着生物生態学: ムラサキイガイ、マガキ、ホヤなどの付着・変態機構に関する研究;汚損生物の付着防止対策研究。
北村 等
特任教授、農学博士(東京大学)、生物環境学・化学生態学: ウニ、アワビおよびフジツボ幼生の着底誘因物質;海洋付着動物の生態学。
山口 健一
准教授、博士(農学)(九州大学)、生化学・タンパク質化学: 葉緑体・水生生物リボソームの構造・機能。タンパク性生理活性物質の検索、分離・精製。
菅 向志郎
准教授、博士(農学)(九州大学)、海洋分子生物学: 分子生物学的手法を用いた、魚病の診断と新規治療薬の開発および水産生物の発生機構の研究;動物プランクトンおよび海産仔稚魚の遺伝子解析。
吉田 朝美
准教授、学術博士(長崎大学)、水圏生化学: 遺伝子クローニング・翻訳後修飾解析を含めた海洋生物由来機能タンパク質の構造及び生理機能の解明、食品科学的観点からの魚類筋肉タンパク質分解機構に関する研究。
▲TOP

海洋物質科学講座
橘 勝康
教 授、保健学博士(徳島大学)、栄養学・食品学: 養殖魚の肉質改善;β-カロチン大量投与と養殖魚の免疫機能。
荒川 修
教 授、農学博士(東京大学)、食品衛生学・水産化学: 水棲生物における天然低分子毒の分布・移行経路・代謝等に関する研究。
高谷 智裕
教 授、博士(長崎大学)、食品衛生学・環境衛生学: マリントキシン;紅藻類中におけるドウモイ酸の分布ならびにその毒化機構;トコブシ・アワビ類の麻痺性貝毒(PSP)毒化機構;ナシフグの毒性(疫学的調査、地域別毒性、凍結・解凍における毒の移行)。
井上 徹志
教 授、博士(理学)(京都大学)、微生物学: 微生物による未利用海洋資源の利用に関する研究、海洋微生物のエネルギー代謝に関する研究。
村田 昌一
教 授、農学博士(九州大学)、食品機能学: 海洋物質の物理化学的性質とその機能に関わる研究、水産食品の機能性発現に関わる研究。
市川 寿
准教授、水産学博士(北海道大学)、水産食品学・筋肉生化学: 筋肉蛋白質、とくにミオシンの生化学;塩を用いる魚肉加工食品。
濱田 友貴
准教授、博士(水産学)(東京水産大学)、水産科学・水産食品学: 魚介類アレルギーの研究、特に魚類のアレルゲンの検出条件の確立、エピトープ解析、低アレルゲン化食品の開発。
谷山 茂人
准教授、博士(水産学)(長崎大学)、栄養学・食品学: 食品安全性学、衛生化学:海洋生物毒、特に低分子量の生理活性物質の分布や蓄積代謝機構、および生物毒による食中毒に関する研究。
山田 明徳
准教授、博士(理学)(京都大学)、遺伝子解析学・微生物学: 微生物の遺伝子・ゲノムに関する分子生物学的およびゲノム科学的研究、魚介類や食品に関連する微生物の多様性・機能・利用法に関する研究。
平坂 勝也
准教授、博士(栄養学)(徳島大学)、分子栄養学・栄養生理学: 水産物由来機能性栄養素に関する研究。
▲TOP

環東シナ海海洋環境資源研究センター
石松 惇
教 授、農学博士(九州大学)、魚類生理学: 赤潮プランクトンによる魚類弊死機構の解明;魚類二次循環系の生理機能。
征矢野 清 (センター長併任)
教 授、水産学博士(北海道大学)、魚類内分泌学・魚類生理学・生殖生理学: 魚類の性成熟に関する生理学的・内分泌学的研究;魚類の卵成熟・排卵・産卵における性フェロモンの作用機構;好塩性魚類の浸透圧調節におけるホルモンの作用。
河邊 玲
教 授、博士(水産科学)(北海道大学)、魚類行動生態学・生物海洋学: 魚類行動生態学:バイオロギングを用いた高次捕食魚類の回遊行動に関する研究、環境変動に対する海洋動物の行動応答性に関する研究、魚類の遊泳行動の調節に関する研究。
Gregory Nishihara
准教授、博士(水産学)(鹿児島大学)、藻類生理生態学・生物力学: 藻類の生理生態学及び生物力学:大型藻類,特に藻場を形成するホンダワラなどの流体・科学環境と光合成活性や群落形成に関わる要因に関する研究。
盛田 祐加
助 教、博士(水産科学)(北海道大学)、生殖生理学 
▲TOP

練習船長崎丸
森井 康宏
教授、船 長: 経年変化に伴う不明重量の増加が船舶の復元性に与える影響;東海漁場における有用魚類の分布。
山脇 信博
准教授、一等航海士: 漁場環境に関する研究;船位の測位精度に関する研究。
八木 光晴
助 教、博士(農学)(九州大学)、水族生理生態学・代謝生理学:水棲生物の成長と代謝スケーリング、サイズの生物学、捕食ー被食行動の生理生態学的意義、東シナ海における生物の構造と機能に関する研究、船舶共同利用。
楠本 成美
助手、二等航海士
眞角 聡
助手、三等航海士:
▲TOP

練習船鶴洋丸
青島 隆
准教授、船長: 船舶に於ける各種観測方法の効率等に関する事。
内田 淳
准教授、一等航海士:船体運動性能、海洋ゴミについて。
木下 宰
助 教、二等航海士:
▲TOP

名誉教授
高  良夫 銭谷 武平 日高  昇 水江 一弘 古賀 重行
道津 喜衛 柴田 惠司 右田 清治 阿部 茂夫 宮原昭二郎
谷口 忠敬 平山 和次 中才  啓 千田 哲資 中根 重勝
藤澤 秀雄 矢田 殖朗 多部田 修 田北 徹 村松  毅
石原  忠 槌本 六良 松山 通郎 藤田 雄二 森井 秀昭
竹村  暘 夏苅 豊 高木 保昌 吉越 一馬 片岡 千賀之
吉村 浩 合田 政次 松岡 數充 松林 法寛 中田 英昭
原 研治        
       
▲TOP
 
▲ページの先頭へ

国立大学法人長崎大学