TS Nagasaki-maru

[水産学部(表紙)] [附属・関連施設の紹介] [長崎丸] 


  昭和27年3月に初代、昭和39年3月に第二代、昭和61年2月に現在の第三代長崎丸が竣工し、現在に至っています。 航海装置にはハイブリッド航法装置、バウ・アスターンスラスターのジョイスティックコントロール装置、電子計算機等最新鋭電子機器を、漁撈装置に船尾式トロール、マグロ延縄を装備しています。 さらに、海底地質調査及び海洋生物の調査を目的とした小型潜水艇「さきべ」(潜水能力100m、速力6ノット、定員2名)を搭載しています。 特設専攻科学生、学部学生の乗船実習、漁撈実習、海上実習および海洋観測実習を行っています。また、鶴洋丸と同様に毎年外国各地に寄港する国際航海も行っています。 近年、他大学との共同研究による海上実験、海洋観測などにも従事しています。

主要諸元
竣 工1986年2月
用 途漁業練習船
航行区域遠洋区域国際航海
建造造船所林兼造船(株)長崎造船所
全 長63.87m
垂線間長56.00m
11.40m
深さ7.10m
吃水4.50m
総トン数842トン
最大速力16.2ノット
航海速力13.5ノット
総定員69名
乗組員25名
学 生40名
教 官 4名